HOME >> ダイヤル119

  

 

119番について

 
119番通報は、慌てず落ち着いて正確に!

119番通報は、1分1秒を争います。

私たち通信指令室では、あなたからの通報内容(火事・救急・救助等)を受け、一番近い消防署から消防車や救急車等の必要な車両を速やかに出動させます。
  もし、あなたが慌てて、住所や場所等を正しく伝えられないと、消防車や救急車が現場に到着することが遅れてしまいます。そうすると火事が拡大したり、助かるはずの命が助からなくなることもあります。 そうならないためには、あなたの正確な通報が、その後の迅速・確実な消防救急活動につながります。
中には、119番通報なんて関係ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに119番に無縁の生活が一番良いことですが、もし万が一、自分の家が火事になったり、大切な家族が怪我や急病になったりしたらどうでしょうか? もし、この時にあなたが、気が動転して、落ち着いて119番できなかったとしたら・・・・。
私たち通信指令室では、そういうことにならないよう、このページを使って、いざという時のために、皆さんに知っておいて欲しいのです。


通報のポイント!

1.「火事です。」「救急です。」とはっきり言う。
2.住所を正しく伝える。 (場所がわからない時は、目印になる大きな建物などを言ってください)
3.火事・事故の状況等わかる範囲で伝える。
    自分の家が火事で家の中に居ながら通報しているときは、火事であることと住所を正確に伝えた上で
    直ちに避難してください。電話が鳴っても戻らないでください。
4.通報者自身の名前と電話番号。 (通報内容によって再度、掛け直して、詳細を聞くことがあります)
   詳細な通報方法は、「119番通報のしかた」ページを参照してください。


119番は、緊急通報用です!

119番での問い合わせはしないでください。

119番は、火事・救急・救助等の一刻を争う緊急通報専用電話です。
特に火事のときなどは、火事を知った多くの方が通報をしていただき、「現在、燃えているのか?」「逃げ遅れた人はいるのか?」などの詳細な状況把握に役立ちますが、しかしながら中には「火事はどこですか?」という問い合わせで掛けてくる方が、毎回、必ずと言っていいほどいます。 また、「自分で行くから病院に連絡をお願いします。」という依頼や「病院は、どこが診療しているか?」などの問い合わせもありますが、119番では緊急通報以外のことには、一切応じられませんので、ご了承下さい。
お問い合わせは、代表電話 0276−72−3171 をご利用ください。


サイレンの吹鳴について!

サイレンの吹鳴は法令で決まっています。

よく「救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい」という要請がありますが、道路交通法施行令第14条で、「緊急自動車は、緊急の用務のため運転するときは、サイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない。」と義務づけられています。
よって、緊急の要請をされた場合に、サイレンを鳴らさず消防車や救急車を運転することは法令違反となってしまいます。
なによりも救急の任務は「命を助けること」です。
1分1秒の遅れが、命に関わります。できるだけ速く現場に到着するために出場中の救急車は、必ずサイレンを鳴らして行きます。
「ご近所の手前」「深夜だから」ということは、消防も十分に理解しています。しかし、それよりも「人の命」は大変、重いものですので、皆さんのご理解、ご協力をお願いいたします。


PA連携について!

・あなたの家の近くの救急隊が出動中で、別の消防署から救急隊が向かう時
・傷病者が心肺停止等で一刻も猶予のない救命対応の時
・搬出が困難な時
・交通事故等で安全を確保することが必要な時などの時は、近くの消防署から消防隊を救急隊と
   同時に現場に向け、応急手当や救急隊の活動の支援をさせることもあります。

先に消防車が到着すると、「火事じゃないのに、どうしてポンプ車が?」とお思いになるとは思いますが、命を救うために、このような出場もあることをご理解してください。
救急隊と消防隊の連携出場は、PA連携[ピーエイれんけい:ポンプ車のPとアンビュアンス(救急車)のAの頭文字から]と呼ばれ、東京消防庁を始め全国的に実施されている活動ですので、ご理解ご協力をお願いいたします。


 
Copyright (C) Since 2011 TATEBAYASHI AREA FIRE DEPARTMENT All Rights Reserved.