HOME >> 消防組合の紹介

  

 


館林地区消防組合 消防団の紹介

消防団は、地元の有志で組織されており、通常は各々の職業を持っています。
このため非常備消防とも呼ばれます。しかし、火災発生などの有事の際には、各詰所に駆け付け消防車で出場し、常備消防である消防本部・消防署と協力して活動します。
また水防団としての役割を持ち、台風や集中豪雨時など出水が予想される場合や、出水した場合に、水防工法を行い被害を最小限に食い止めます。
毎年7月頃には、ポンプ操法大会が開かれ、日頃の訓練の成果を発揮し、優勝を目指して各分団が熱戦を繰り広げます。   

消防団
消防団

館林消防団

団本部
第1分団〜第10分団(1〜3分団は1班のみ・6分団のみ3班・その他2班体制)
消防車両 18台


板倉消防団

団本部
第1分団〜第5分団
消防車両  5台


明和消防団

団本部
第1分団〜第3分団(各2班体制)
消防車両  6台


千代田消防団

団本部
第1分団〜第2分団(第1分団5班体制・第2分団3班体制)
消防車両  8台)


邑楽消防団

団本部
第1分団〜第3分団(第1分団3班体制・第2分団4班体制・第3分団5班体制)
消防車両 12台

 
 
Copyright (C) Since 2011 TATEBAYASHI AREA FIRE DEPARTMENT All Rights Reserved.