HOME >> 消防組合の紹介

  

 


館林地区消防組合 服装の紹介

冬 服

消防職員の制服が、この冬服です。
主に、消防本部の職員が冬季に着用しています。
左腕には「館林消防本部」と“ししゅう”された、エンブレムを装着しており、どこの消防本部の所属かが分かるようになっています。

冬 服
夏 服

消防本部の職員が夏季に着用する服で、これも制服にあたります。長袖と半袖が用意されていて、時期や気温によって使いわけます。(ネクタイ着用は正装で、通常はネクタイをしない略装としています。)左袖には、同デザインのエンブレムを装着しています。

夏 服

活動服

消防隊員が通年着用する活動服です。背部に「館林地区消防」「Tatebayashi.F.D」と所属が一目で分かるように反射でプリントされています。 右腕に、活動服用エンブレムを装着しています。 エンブレム中央の「TAFD」の意味は「Tatebayashi Area Fire Department」の各単語の頭文字をそれぞれ取ったものです。

活動服
救助服

救助隊員が通年着用しているのが、この救助服です。この救助服は、他の服とは違い、所々、補強がしてあり丈夫に作られており、厳しい訓練を受けた者しか着ることができず、消防隊員の憧れとなっています。 左腕には、「つつじ」をあしらった救助隊のワッペンを付けています。

救助服

救急服

救急隊が通年着用する救急服です。当館林消防では、主に救急救命士が着用しています。 写真は、救急救命士用のベストを着用しています。 右腕には、上下の色で昼夜をイメージして、24時間の出動に対応を整えていることと「つつじ」をあしらった救急隊のワッペンを装着しています。

救急服
防火服

火災等の災害時に着用する防火服です。上下型の防火服になり、安全性が向上しました。
防火帽の垂れ、「しころ」には、各所属の頭文字で標示が付けられ、災害現場で指揮をするのに活用します。
館林消防では、全員がオレンジ色の防火服です。

防火服
 
エンブレム・ワッペンの紹介
エンブレム
エンブレム
エンブレム
エンブレム
制服用
活動服用
救急服用
救助隊用

 
Copyright (C) Since 2011 TATEBAYASHI AREA FIRE DEPARTMENT All Rights Reserved.